WUSVの目的と使命は ドイツシェパード犬の統一的な繁殖と育成を目指す SVの目的と使命を世界規模に広めることである
一般社団法人 SVJ (ドイツシェパード犬協会ジャパン)
BH, IPO 訓練試験 開催予定表 試験結果
開催申請書 WORD PDF 受験申込書 WORD PDF 試験報告書 WORD PDF
1. 試験日の最低一週間前に提出
2. 試験当日までに必要
3. 試験後一週間以内に
BH, IPO規定 日本語 ドイツ語 英語
御挨拶: 。SVJは責任を持って正しい審査を行ないます。
SVJ訓練部長 益田晴夫(SV公認審査員/1996 FCI, WUSV世界チャンピオン/2013, 2016 WUSV世界選手権 服従審査員)
申込み・問い合わせ SVJ 〒615-0835 京都市右京区西京極堤下町30 TEL 075-313-1789 FAX 075-313-1685 メール


訓練試験開催申請〜試験終了までの流れ


1. 訓練試験開催申請
 主催者が訓練試験開催申請書に必要事項を記入して、試験日の最低1週間前(試験日の最低2週間前)にSVJに申し込んでください。
 試験の開催には、最低BHまたはIPO受験者2名/2頭(BH/2頭、またはIPO/2頭、またはBH/1頭+IPO/1頭)が必要です。
 どのような犬種でも受験できます。血統書のない犬でも受験できます。ただし、受験犬はマイクロチップあるいは耳番号で
 個体識別が可能であること。
 一試験で一指導手が受験できるのは2頭まで(2017年は2頭以上でも可)
 所有者及び指導手は、WUSV加盟/認可団体、またはFCI加盟/認可団体の会員であること(2017年は会員である必要は無い)
*赤字での記載は2017年暫定措置です



2. 告知と締切り
希望審査員のスケジュールに問題がなければ、SVJホームページにその訓練試験が告知されます。
■ 告知によって、さらに受験犬が申し込んできた場合、試験定数をオーバーするか、または正当な理由がない限り、主催者は
■ それを拒むことはできません。
■ 申し込みの締め切りは試験日の7日前。あるいは一審査員が1日で審査できる定数(合計36課目)に達したとき。



3. 訓練試験の実施
主催者は試験日の3日前までに、受験頭数と課目数、試験スケジュールの詳細を審査員に連絡しなければなりません。
そのことを怠った場合、審査員はその訓練試験を拒否することができます。
受験犬の指導手は試験当日、以下のものを必ず持参すること。
■ 血統書(持っている場合)
■ 訓練手帳(持っている場合)
■ 狂犬病ワクチン接種証明書、マイクロチップ挿入証明書、などの書類



4. 終了後の報告書提出
主催者は訓練試験終了後、指導手が記入した受験申込書+試験報告書+登録料1000円X受験頭数(合否に関係なく)
をSVJに1週間以内に提出。送金費用等は主催者が負担する。
■ 受験申込書、訓練試験報告書、は主催者がSVJに送付する。
■ 訓練手帳または血統書は、試験会場で試験結果が記入され審査員が署名(合否に関係なく)して返還される。
■ 新規受験犬で訓練手帳を持たない犬は訓練手帳が、その場で発行される。
■ 訓練試験審査表は、審査員が最低3年間保管する。


受験料金


訓練試験受験料(2017暫定料金)
BH 同伴犬試験
一律 8000円
(不足が生じた場合は+a)
内訳
審査料 5000円
開催費 2000円
登録料 1000円
IPO1 国際作業犬試験 1
IPO2 国際作業犬試験2
IPO3 国際作業犬試験3
-
受験料は試験当日に主催者に支払います。
-
審査員交通費、準備費、ヘルパーの日当などは主催者が支払う。
-
不足の場合は主催者が受験者から均等に徴収する。
-
審査員が受け取る審査料は3万円を上限とする。

例:受験4頭 32000円→ 審査料 20000円→ 審査員交通費 10000円 その他の経費 10000円→ 登録料 4000円→ 不足 12000円
例:受験10頭 80000円→ 審査料 30000円→ 審査員交通費 30000円 その他の経費 10000円→ 登録料 10000円→ 不足 0円


試験の種類


訓練試験(資格)*BHからの段階受験であること(ただしIPO-Vは義務ではない)
訓練記号 試験名 受験可能齢 ドイツ語試験名(省略呼称)
BH 同伴犬試験と行動テスト 15ヶ月以上 Begleithundpruefung mit Verhaltenstest (ベーハー)
IPO-V 国際作業犬基礎試験 15ヶ月以上 IPO-Vorstufe (イーペーオー フォアシュトゥフェ)
IPO1 国際作業犬試験1 18ヶ月以上 Internationale Gebrauchshundpruefungen 1 (イーペーオー アインス)
IPO2 国際作業犬試験2 19ヶ月以上 Internationale Gebrauchshundpruefungen 2 (イーペーオー ツヴァイ)
IPO3 国際作業犬試験3 20ヶ月以上 Internationale Gebrauchshundpruefungen 3 (イーペーオー ドライ)



その他のSV/WUSV訓練試験(資格)*BHからの段階受験であること(ADはBH必要なし)
訓練記号 試験名 受験可能齢 ドイツ語試験名(省略呼称)
BH 同伴犬試験と行動テスト 15ヶ月以上 Begleithundpruefung mit Verhaltenstest (ベーハー)
FH1 追求犬試験 1 18ヶ月以上 Faehrtenhundpruefung 1 (エフハー アインス)
FH2 追求犬試験 2 18ヶ月以上 Faehrtenhundpruefung 2 (エフハー ツヴァイ)
AD 持久力テスト 16ヶ月以上 Ausdauerpruefung (アーデー)
*ADが必要となるのはSV種犬認定受験に際してのみ



単課目(競技)*BHに合格していれば、どのレベルでも自由に出場できます(IPO資格必要なし)
訓練記号 規定 受験可能齢 ドイツ語試験名(省略呼称)
FPr1 IPO1の追求に準ずる 15ヶ月以上 FahrtenPruefung 1 (エフペーアール アインス)
FPr2 IPO2の追求に準ずる 15ヶ月以上 FahrtenPruefung 2 (エフペーアール ツヴァイ)
FPr3 IPO3の追求に準ずる 15ヶ月以上 FahrtenPruefung 3 (エフペーアール ドライ)
UPr1 IPO1の服従に準ずる 15ヶ月以上 UnterordnungsPruefung 1 (ウーペーアール アインス)
UPr2 IPO2の服従に準ずる 15ヶ月以上 UnterordnungsPruefung 2 (ウーペーアール ツヴァイ)
UPr3 IPO3の服従に準ずる 15ヶ月以上 UnterordnungsPruefung 3 (ウーペーアール ドライ)
SPr1 IPO1の防衛に準ずる 18ヶ月以上 SchutzdienstPruefung 1 (エスペーアール アインス)
SPr2 IPO2の防衛に準ずる 18ヶ月以上 SchutzdienstPruefung 2 (エスペーアール ツヴァイ)
SPr3 IPO3の防衛に準ずる 18ヶ月以上 SchutzdienstPruefung 3 (エスペーアール ドライ)



IPO試験/競技、単課目(競技)に参加するにはBHに合格していること(2012年1月1日より)
■ BH(同伴犬試験)とは・・・
Begleithundpruefung mit Verhaltenstest (BH/VT)
ベクライトフントプリューフング ミット フェアハルテンテスト(ベーハー/ファウテー)
1995年から、ドイツでは使役犬訓練試験(SchH1)の前段階としてBHが義務となりました。当時のBHは
脚側行進中に銃声テストがあり、一般家庭犬の受験は少なかったのですが、1998年に銃声テストが廃止
となり、BHは一般家庭犬のしつけ訓練として、急速にヨーロッパ各国に普及、多くの国で義務化されま
した。
2011年までは、ヨーロッパの主要国以外では任意の訓練試験でしたが、2012年1月1日から、IPOや救助犬試験を受験したり、
アジリティ、オビディエンス競技に出場するには、WUSV, FCIの訓練試験規定として、BHに合格することが義務となりました。
私たちはSVの訓練試験と聞くと「ドイツシェパードがIPOを受験する」というふうに想像しますが、試験に参加す
る犬達は、ドイツシェパードよりも、他犬種やミックス犬のほうが多く、そして受験犬の6割以上がBHの受験です。
普段の試験では、SV訓練審査員はドイツシェパードのIPO試験よりも、他犬種やミックス犬のBH試験を数多く審査
しているんです・・・以外でしょ。

SV審査員試験(第4段階)2009年9月13日 ドイツにて
BH受験の小学生の女の子二人(左はミックス犬、右はタービレン)
ヨーロッパでのBH試験は、クラブハウス(訓練場)で行なわれます。
左に立っているのは、SV訓練部長ハインツ・ゲルデス
参考資料:日本のBHに関して

 BH(同伴犬試験)

性格テストと個体識別
試験の第一段階として、その犬の性格テストと個体識別が行なわれます。極端に怯えたり、攻撃的な態度を見せた場合は、その時点
で試験失格となり、AセクションとBセクションは行われません。

Aセクション(服従)60点
70%以上の得点(42点以上)を獲得しなければ、行動テストを受験することができません。全般的な課題の規定、実施要領はIPO試
験に準じます。

1. 脚側行進(IPOスタイル)リード付き 15P
2. 脚側行進(IPOスタイル)ノーリード 15P
3. 行進中に立ち止まって座れ 10P
4. 行進中に立ち止まって伏せ/呼び寄せ 10P
5. 休止 10P

Bセクション(行動テスト)
実際の道路、あるいは公共施設等において(規定により、服従会場で行なってはいけません)、審査員が決定した課題を行い、その
時の犬の態度と行動が審査されます。行動テストは点数ではなく、犬の態度によって、各課題ごとに審査員が、信頼できる/信頼で
きない、と判断します。試験合格となるには、全ての課題で信頼できると判断されなければなりません。

1. 人混みにおける態度と行動
2. 自転車に対する態度と行動
3. 自動車に対する態度と行動
4. ジョギングまたはインラインスケートに対する態度と行動
5. 他の犬に対する態度と行動
6. 繋がれて待たされているときと、その時に他の動物を見たときの態度と行動
*これらは一例であり、どの場所でどのように行なうかは審査員が決定する


訓練審査員


私達は365日常に犬に接してます。IPOを知り尽くしたプロフェッショナルな審査員です。

SVJ訓練審査員
SV/WUSV
益田晴夫/Masuda Haruo(京都市)
IPO最高キャリア:1996 WUSV世界選手権 優勝、1996 FCI世界選手権 優勝
SVJ/WUSV
山口郁夫/Yamaguchi Ikuo(大阪府和泉市)
IPO最高キャリア:2005 FMBB世界選手権 5位
SVJ/WUSV
南郷牧子/Nango Makiko(神奈川県横浜市)
IPO最高キャリア:1999 WUSV世界選手権 5位
SVJ/WUSV
石原葉子/Ishihara Yoko(福岡県筑紫野市)
IPO最高キャリア:2008 WUSV世界選手権 10位、07,09,12,14 D-1 Asia Champion


審査員育成プログラム


   

2006年7月に神戸で開催された、日本初のSVセミナーからスタートした本事業。
2010年に益田晴夫がSV審査員試験に合格。
その後もWUSVジャパンオフィス(旧称 WUSV日本支部)が取り組んできた、
審査員育成事業。その成果として2014年6月、日本から4名のWUSV訓練審査員
と1名のWUSV展覧会審査員が誕生しました。(2017年SV審査員に移行予定)
その事業をSVJが受け継ぎ、今後も審査員を育成するプログラムです。

SVJ審査員
「これまでに最低3頭、IPO1〜IPO3までを自身が訓練して受験合格した実績がある」
このことが最低条件です。この他にも条件がありますが、訓練審査員育成プログラムに参加希望の方はSVJまでご連絡ください。
審査員は、訓練と展覧会の審査員資格が別々です。展覧会審査員に興味のある方もSVJにご連絡ください。

SV審査員試験を希望される方はこちらをご覧ください→ SV審査員試験過程表

申込み・問い合わせ SVJ 〒615-0835 京都市右京区西京極堤下町30 TEL 075-313-1789 FAX 075-313-1685 メール



資料


今までBH, IPOに関する重要なことを、迅速に確実にお伝えしたのは、他の既存協会ではありません。
SVJならびにWUSVジャパンオフィスです。本物とグローバルを追い求める皆様に正確な情報を発信します。

下記のような連絡を案内書等で見たことがあると思います。すべて私(益田晴夫)が書いたものです。

■ SVJより WUSV世界選手権に関する重要なお知らせ 2014.12.16 

2015年のWUSV世界選手権(フィンランド)より、出場犬はHD/ED(股/肘関節)"a"合格が推奨となります(周知期間)。
2016年のWUSV世界選手権(ドイツ)より、出場犬はHD/ED(股/肘関節)"a"合格が必須条件となります。
2016年からのHD/ED義務化に伴い、SVJは日本代表犬のHD/ED検査費用助成と諸手続きを行ないます。



《WUSV世界会議で議決された各国の代表選考に関する新しい規則》

−2011年より適用−
WUSV世界選手権に出場するには、自国の選考会にて250点以上獲得していなければならない。

−2012年より適用−
WUSV世界選手権に出場するには、自国の選考会にて追求、服従、防衛の各科目で80点以上獲得していなければならない。

−2015年より適用−
各国の選考会はWUSVあるいはSV審査員によって審査されなければならない。



2011年度のWUSV世界選手権/日本代表選考競技会に出場を予定されている方へ

2009年度のWUSV世界選手権より、申し込み時点での犬の訓練資格が、非常に厳しくチェックされています。

−2009 WUSV世界会議 議題6c 世界選手権への各国代表出場許可基準−

WUSV世界選手権への出場許可基準を、WUSV理事会で審議検討の必要。(WUSV副会長Dr.タウバー提案)

 ○ 犬は選考会出場までに正しい順序で訓練資格を取得したか?
 ○ 代表選考会はいつ、どこで、そして正しく行われたか?
 ○ 選考会での審査員はWUSVの認める有資格者であったか?
 ○ 指導手の国籍は出場国と一致しているか?

2009年度までの、日本の選考会出場条件(ZPr、生後12ヶ月以上等)では、例え選考会で代表として選ばれても、世界大
会に出場できなくなってしまいます。*2009年度は、たまたま全代表犬は条件をクリアしていました。

2010年度の日本代表選考会出場規定でご連絡した通り、本年度は特別措置期間です。来年度はWUSV規定に則って日本代
表選考会が行われますのでご注意ください。



《2011年度 WUSV世界選手権/日本代表選考会 出場規定》

BH/VTからの段階受験で、SchHあるいはIPO3資格を保有していること。

ただし、日本では今までWUSV, SVの正式な試験が行われていなかったため、現時点ですでにSchH1〜3あるいはIPO1〜3
を保有している犬は、2010年12月31日までの特別措置期間内に、必ずBHを受験合格してください。

現在、SchH3/IPO3(1からの段階受験で)保有犬は、BH/VTを本年中に受験合格するだけでよい。

現在、何の資格もない、あるいはSchH1/IPO1または2を保有する犬は、BH/VTを受験合格してから次の段階を受験して
ください。

: 現在SchH1 ⇒ 本年中にBH/VT ⇒ SchH2/IPO2 ⇒ 2011選考会までにSchH3/IPO3


訓練試験開催予定表


























Verein fuer Deutsche Schaeferhunde Japan (SVJ) e.V. Tsutsumishitacho 30, 615-0835 Kyoto, Japan
一般社団法人 SVJ 〒615-0835 京都市右京区西京極堤下町30 TEL 075-313-1789 FAX 075-313-1685
COPYRIGHT (C) 2013 - VEREIN FUER DEUTSCHE SCHAEFERHUNDE JAPAN. ALL RIGHTS RESERVED.