WUSVの目的と使命は ドイツシェパード犬の統一的な繁殖と育成を目指す SVの目的と使命を世界規模に広めることである
一般社団法人 SVJ (ドイツシェパード犬協会ジャパン)
BH, IGP, オビディエンス 規定
 IGP-2019 規定書 日本語 ドイツ語 英語

 新・SVJオビディエンス規定(概要)

 旧規定(参考用)2012 BH/IPO規定 日本語 ドイツ語 英語


SVJオビディエンス正面停座のルール変更(全クラス共通) 2017.12.15
1. 呼び寄せたときに犬は正面停座を行い次の命令で基本姿勢に移る
2. 呼び寄せたときに犬は正面停座なしで直接、基本姿勢を行う(ハンドラーの左側で座る)
パターン2.の場合、命令は呼び寄せ時のコイのみ。1.2.どちらで行うかは競技開始前に申告する

SVJオビディエンス1への出場条件変更(OB1,2,3) 2017.12.15
プロは自己所有犬でOB1,2,3クラスに出場できない(自己所有犬でなければOK)
Verein fuer Deutsche Schaeferhunde Japan (SVJ) e.V. Tsutsumishitacho 30, 615-0835 Kyoto, Japan
一般社団法人 SVJ 〒615-0835 京都市右京区西京極堤下町30 TEL 075-313-1789 FAX 075-313-1685
COPYRIGHT (C) 2013 - VEREIN FUER DEUTSCHE SCHAEFERHUNDE JAPAN. ALL RIGHTS RESERVED.